[[Simutransマニュアル【初心者編】]]
経営手段の1つ鉄道基礎を学びましょう!
駆動力がある車両はは大きく分けて3つ、蒸気機関車、気動車(ディーゼル)、電車です。

''蒸気機関車''
蒸気機関車は、主に初期で使います。
運行費が割安なため(アドオンによって違いはあり)楽に黒字を出してくれると思います。
運行費が安い客車を使えば、より安価で大量の旅客を運ぶことができるでしょう。
欠点としては、出力が低いと大量の客車をつなげられない(つなげると速度が落ちてしまう)、遅い(65〜100訴佞蠅多い)等です。

''気動車''
初期の収支が安定してきたころに使います。
蒸気機関車より運行費が高いですが(アドオンによって違いあり)蒸気機関車よりもより速く、大量の旅客輸送ができます。
また、一両から運行できるので、蒸気機関車+客車1〜2両の路線は気動車に置き換えたほうが割安になることもあります。
欠点としては、電車に比べると遅い(一部の特急電車は早いですが)等です。

''電車''
主に、中盤〜終盤で一番使うでしょう。普通の速さ(80〜130)からとても速い(160〜360)まで幅広くあります。また、アドオンもこのカテゴリが一番充実しています。
気動車より運行費は高くなるものの、とても速く、とても大量に旅客輸送ができます。
また、編成両数も2〜16両までとあるので需要に応じた調整が簡単です。
欠点としては、路線を電化しないと使えない(架線を張らなければならない)、架線分の維持費が余計にかかる、等です。