[編集]設定ファイルの解説

ここでは、各設定ファイルについて解説しています。

都市名リスト(citylist_ja.txt)
駅名リスト (streetlist_ja.txt) [111.0以降]

[編集]simuconf.tab

基本的な設定。simutrans/pak/configとsimutrans/configの2箇所あります。

設定の詳細については以下のページを参照して下さい。
設定ファイル/simuconf.tab

[編集]cityrules.tab

マップの設定

設定の詳細については以下のページを参照して下さい。
設定ファイル/cityrules.tab

[編集]forestrules.tab(102.2.2まで)

このファイルは102.2.2までのバージョンで使用されます。
110.0以降ではsimuconf.tab内で設定します。

max_no_of_trees_on_square = 3
 1タイル上の樹木の最大数。最大8まで?
forest_base_size = 36
forest_map_size_divisor = 38
forest_count_divisor = 16
forest_boundary_blur = 10
forest_boundary_thickness = 2
forest_inverse_spare_tree_density = 400
tree_climates = 4
 (100.0以降)マップ作成時に樹木で埋め尽くす気候を設定します。数値は下記を参照。
no_tree_climates = 130
 (100.0以降)マップ作成時に樹木を全く作成しない気候を設定します。数値は下記を参照。
気候bit
waterbit01
desertbit12
tropicbit24
mediterranbit38
temperatebit416
tundrabit532
rockybit664
arcticbit7128

[編集]compat.tab

保存ゲームを読み込み時、不足しているアドオンpakが見つかった場合に、このリストを参照して別のアドオンに置き換えます。このリストにない場合でも、可能な限り置き換えを試みますが、適切ではないものに置き換わったり、置き換えに失敗してゲームを読み込めない場合があります。pakフォルダ直下に配置します。
リストは翻訳ファイルと同様、置き換え対象のpak名と、置き換えるpak名とを対で記述します。改行コードをLF以外にすると動作しません
※適切でないものに置き換わった例→元は気動車が走っている→気動車のアドオンが無いままロード→電車に置き換えられる→運行不可

[編集]default.sve

新規ゲーム開始時に、設定したマップ設定・気候設定が保存され、次回の新規マップ作成時のデフォルト設定として使用されます。このファイルはユーザデータフォルダに作成されます。
このファイルがある場合には、simuconf.tabの設定よりも優先されます。

このファイルを削除すれば、新規マップ作成時の設定がデフォルトに戻ります。
Simutransのバージョンが変わったりして、正常に起動しない場合には、settings.xmlとともに削除すると直る場合があります。

[編集]menuconf.tab(100.0以降)

ツールバーとキーボードショートカットの設定

設定の詳細については以下のページを参照して下さい。
設定ファイル/menuconf.tab

[編集]speedbonus.tab(100.0以降)

年代設定有効時のスピードボーナスの設定

交通の種類ごとに、年と基準速度をセットで記述します。

road=1911,21,1928,50,2001,82,2032,85

上記の設定の場合、実際の基準速度は下のグラフのようになります。

bonus.png

[編集]シナリオ(100.0以降)

セーブデータに目標を設定します。

設定の詳細については以下のページを参照して下さい。
設定ファイル/シナリオ

[編集]settings.xml(101.0以降)

従来のsimworld.cfgに置き換わる設定ファイルです。メッセージやウィンドウのボタンの状態、サウンドの設定を保存しています。
ゲーム正常終了時に、ユーザデータフォルダに作成されます。エラー終了や強制終了した場合には保存されません。
simuconf.tab、cityrules.tabよりも先に読み込まれるため、simuconf.tab、cityrules.tabに同じ項目がある場合、そちらが優先されます。

Simutransのバージョンが変わったりして、正常に起動しない場合には、default.sveとともに削除すると直る場合があります。

[編集]高度な設定(102.2以降)

設定の詳細については以下のページを参照して下さい。
設定ファイル/高度な設定

[編集]simworld.cfg(100.0以前)

この設定ファイルは、101.0以降では作成されません。settings.xmlに書き出されます。

ゲーム正常終了時に、ユーザデータフォルダに作成されます。エラー終了した場合には保存されません。
simutransのバージョンが異なり、データの互換性がない場合、設定が初期化されてしまう場合があります。

Lang=ja
 言語ウィンドウで設定された、標準で使用する言語。
DayNight=0
 表示設定の「夜間は暗くする」の設定。
AIs=0,0,0,0,0,0
 AIプレイヤーの有効無効の状態。
Messages=383,264,128,0
 メッセージ設定ウィンドウの設定。
Visual=0,0,0,0,0,1
 表示設定ウィンドウの各種設定。
SoundMidiVolume=127,127
 サウンド設定ウィンドウの音量設定。
SoundShuffle=0,0
 サウンド設定ウィンドウのシャッフル設定。
MapMode=17
 ミニマップの表示種別選択の状態。
WareSortMode=1
 駅の情報ウィンドウの待機表の並び順。
MuteSoundMidi=0,0
 サウンド設定でのミュート状態

[編集]設定ファイルの編集方法

日本語化ファイル(ja.tab)の編集方法は日本語化ファイル/ja.tab編集方法を参照

まず、tabファイルを改行コードLF対応のテキストエディタで開きます。
私が使っているのはTeraPadですが、秀丸などでも開けると思います。

開いて各種値を書き換えた後は、改行コードがCR+LFになっていることを確認して保存します。
(ja.tabなどの翻訳ファイル・compat.tabは必ずLF)


まず、tabファイルならどれでもいいのでメモ帳で開いて見てください。

01.png

このように文字は普通に読めるものの、改行が無くて非常に読みづらいです。

しかし、TeraPadなど“LFの改行コード”が使えるテキストエディタだと、

02.png

普通に読めます。

これは、日本語Windowsでは“CR+LFの改行コード”を使っているために読めなくなってしまっているだけで、
tabファイルの実体は、何のことはない、ただのテキストファイルなのです。だからといって何の知識もなしにいじくるのは少々危険なので、バックアップを取っておくことをお勧めします。

by 1248年7の月 ◆7m1248Usxc



- cache -

添付ファイル: fileA9_skyscrapers_128.rar 84件 [詳細] file01.png 659件 [詳細] file02.png 779件 [詳細] filebonus.png 115件 [詳細]

 
Last-modified: 2014-09-14 (日) 17:44:46